KoDDoSの評価(レビュー)、登録する方法と使い方

4.5
評価と登録方法

このページではオフショアホスティングとして定評のあるKoDDoSの評価(レビュー)、メリット・デメリット、登録方法と使い方等を詳しく案内していきます。

KoDDoSの評価(レビュー)

KoDDoSのレンタルサーバーはオランダと香港にあり、どちらか選べます。香港は著作権に関する認識が低く、法的に通信データを保持するよう義務付けられていません。オフショアホスティングとして利用するのに最も適した場所にあります。更に香港のデータセンターであれば日本から物理的に近いのでレスポンスが早いです。

*このサイトはKoDDoSで運営されています。

プラン詳細

主なプラン詳細
PLAN HK-APLAN HK-BPLAN HK-CPLAN HK-D
価格$8.95$14.95$24.95$39.95
SSD10 GB20 GB40 GB60 GB
転送量150GB300 GB600 GB1000 GB
専用IPなしありありあり
支払い方法・paypal・bitcoin

・creditcard等

その他MySQL, Email,  FTP無制限

・「PLAN HK-B」以上で専用IP付き。

・全プランcPanel付きでSSL、WordPressを簡単にインストール可能。

HONG KONG WEB HOSTING」の「PLAN HK-D」で1~2万PV/日ぐらいは大丈夫だと思います。プラン詳細は以下から

メリット・デメリット

簡単にメリット・デメリットをまとめました。

メリット
・香港のデータセンターでサーバーのレスポンスが早い
・サーバーに高速なLitespeed採用
・アップタイム99.9%
・標準でDDOS対策、セキュリティ対策
・専用IPで利用できる
・BitcoinやMoneroでの支払いに対応
・アダルト可
・cPpanel採用
・無料SSL
・WP簡単インストール
デメリット
・値段が高い
・転送量が1000GBまでで厳し目

WEBサーバーに高速なLitespeed採用しています。また、「Cisco」や「Juniper networks」などの信頼性の高い設備を使っており、アップタイム99.9%を保証しています。実際にこちらの計測では他のオフショアホスティング(+フレンドサーバー)との比較で安定して最も高速な表示を確認しました。今まで一度もサーバーが落ちたことを確認していません。

オフショアレンタルサーバー、防弾ホスティングおすすめ7選を比較!!

レンタルサーバーでも専用IPアドレスがついており、他の人が悪いことをしてIPがスパムハウスなどのブラックリストに登録されても影響を受けません。また、MoneroやZcashなどの匿名性の高い仮想通貨での支払いに対応しています。

デメリットとしては、転送量制限が最大で1000GBと厳しめなことでしょうか。アダルトサイトなど画像を多用するサイトであればCloudflareを導入したほうがいいでしょう。

それでも足りない場合、「KVM VPS」は香港のデータセンターを選択でき、転送量4000GBまで対応しています。マネージドオプション(+$14.95)も選択可能です。

KoDDoSのクーポンコード(Promo Code)

KoDDoSの割引が適用されるクーポンコードです。新規の方のみ有効です。

15%引きのクーポン 全てのプランで繰り返し有効
コード:offsaga

 

下の手順に沿って入力すると簡単に割引が適用されます。

KoDDoSに登録する方法と使い方

外部リンク:https://koddos.net/

にアクセスすると下のような画面になります。

koddos-top

上部の「OFFSHORE HOSTING」をクリックし、表示されたものからプランを選びます。

レンタルサーバーは「Offshore Shared Hosting」はオランダにサーバーがあります。

香港がいい場合は「Hong Kong Web Hosting」を選びます。(値段も変わらないので香港がおすすめ)

koddos-select-plan

プランを選び「ORDER NOW」をクリックします。

koddos-domain

他で契約したドメインを使う場合は「I will use my existing domain and update my nameservers」をチェックします。

その下に利用するドメインを入力し、「Use」で確定します。

ドメインは匿名性を重視したい場合、https://njal.la/で取得するのがおすすめです。njal.laの概要、登録方法はこちらで解説しています。

下のような画面になります。ここでは香港ドル(HKD)になっているので

左下の「Choose Currency」でUSDを選びます。

kooddos-choose-currency

表示がUSDに切り替わり、下のようになります。

koddos-configure

内容、請求サイクル、金額などを確認し、「Continue」で次に進みます。

koddos-checkout

「Enter promo code If you have one」となっている枠にクーポン(Promo code)の「offsaga」を入力し、「Validate Code」ボタンをクリックします。

クーポンが適用されると右上の金額が変わります。

プラン、金額を再度確認し、「Checkout」で次に進みます。

koddos-address-input

上のように名前、メールアドレス、電話番号、住所、などを入力します。

電話番号は日本(+81)を選び、最初の0を除いた番号を入力してください(080-1234-5678の場合80-1234-5678)

How did you find us?」は何で「KoDDoS」を見つけたかです。

適当に選択します。

Account Security」に「KoDDoS」に使うパスワードを決めて入力します。

終わったら下に行きます。

koddos-payment-method

支払い方法を選択します。Paypalや仮想通貨、クレジットカード以外に多様な支払い方法に対応しています。

最後に規約を読んだ確認のチェックを入れ、「Complete Order」で確定します。

後は画面に従って決済を完了してください。

PayPalの場合Invoice 画面で「Subscribe」か「check out」を選択してください。

一ヶ月以上利用する場合は左の「Subscribe」一ヶ月以内でやめる場合は右の「check out」です。

paypal

以降はhttps://koddos.net/clients/clientarea.php にアクセスし、登録時のメールアドレスとパスワードを入力するとKoDDoSの管理画面に入ることが出来ます。操作方法は「KoDDoS管理画面操作方法」で説明しています。

KoDDoS設定方法

利用できるようになると、「New Account Information」と言うタイトルで下のようなサーバー情報がメールアドレスに送られてきます。(迷惑メールフォルダも確認してください。一日経っても送られてこない場合はとばして下のKoDDoS管理画面操作方法、KoDDoSサポート問い合わせ方法の項目を見てください)

koddos-login-details

とりあえず必要なのはcPanelログイン情報とネームサーバー情報になります。

これらの情報は保存しておきましょう。

まずドメインの管理元でネームサーバーの情報をもとに設定を行います。

下はnjal.laの例ですが、お名前.comやムームードメイン、Godaddyなど他で登録した場合はそちらを使ってください。

koddos-nameserver

メールで届いた情報をもとにカスタムネームサーバーを設定します。

↑こんな感じですね。

設定してしばらくするとドメインでアクセスできるようになります。

次にcPanelから SSLの適用、ファイルアップロードやWordpressをインストールします。

cPanelはサイト管理を簡単に行えるようにしたコントロールパネルのことで、標準と言えるほどかなり多くの海外サーバーで導入されています。KoDDoSの管理画面とはまた別のものです。

メールに書かれたControl PanelのURLにアクセスしてユーザー名にUsername、パスワードにPasswordを入力し、「ログイン」でcPanelに入れます。

cPanelでの無料SSLの適用方法、Wordpressインストール等の操作方法はこちらのページで解説しています。

また、転送量が気になる方はCloudflareを導入しましょう。

WordPressでのCloudflare導入方法はこちらで解説しています。

KoDDoS管理画面操作方法

https://koddos.net/clients/clientarea.phpにアクセスし、メールアドレスとパスワードを入力。

ログインをクリックするとClientarea「クライアントエリア」トップページが表示され下のような画面になります。

koddos-clientarea

右上のHello,【あなたの名前】をクリックするとアカウントに関するメニューが表示されます。

koddos-account-menu

Edit Account Details」でアカウント情報の編集。

Change Password」でパスワードの変更。

Security Settings」でセキュリティの設定

Logout」でログアウト

になります。

上部メニューからClientareaの全メニューにアクセスできます。

koddos-myservice

Service」クリックで出てくる「My Services」で利用中のサービスを確認できます。

koddos-myservice2

利用中のサービス一覧が表示されます。

サービスが稼働すると右側が「Pending」から「Active」に表示が切り替わります。

クリックすると個別のサービス別メニューに入ります。

koddos-myservice3

右上がリソースの利用状況。

下はcPanelのショートカットがあります。

File Manager」でファイルアップロードや編集等ができます。

他にも「Cron Jobs」や「phpMyAdmin」等よく使いそうなサービスがあります。

KoDDoSサポート連絡方法

上部メニューの「Support」→「Tickets」をクリックすると今まで問い合わせたチケットを確認できます。

Open Ticket」で新しいチケットを発行し、問い合わせをすることが出来ます。

Open Ticket」をクリックすると下のような画面になります。

koddos-support2

問い合わせのカテゴリー(部門)を選びます。

Billing」は請求関係

Sales」はセールス関係

Technical Support」はテクニカルサポート

です。

選ぶと下のような画面になります。

koddos-support3

Name」と「Email Address」は自動的に入ります。

Subject」に題名

Department」に部門

Related Service」に問い合わせをするサービス

Priority」に優先度を選択

Message」に本文

を入力します。

終わったら「Submit」をクリックで問い合わせ完了です。

返事があるとメールが入るのでリンクをクリックして内容を確認します。

さらに返事が必要な場合は「Reply」で返信をします。

以上でKoDDoSに登録する方法と使い方を終わります。

 

評価と登録方法
オフショア太郎をフォローする
おすすめオフショアサーバーランキング
Flaunt7

コスパ、高スペックならここ!
◎多くのサイトで上位評価されている
◎高スペックを低価格で提供していてコスパが良い
◎レンタルサーバーでのスペックの上限が高い
◎高速なLitespeedを採用
◎無料SSL付き

KoDDoS

安定性、レスポンスならここ!
◎データセンターはオランダと香港から選べる
◎2012年から運営されていてオフショアサーバーとしては定評がある
◎高速なLitespeed採用
◎無料SSL
◎専用IP付き

Shinjiru

◎データセンターがマレーシア等8箇所から選べる
◎2000年から運営されていてオフショアサーバーとしては定評があり、企業としての信頼性は高い
◎「STRONGBOLT」はアンチDDOS、IP秘匿、サーバー自動移行などが料金に含まれている
◎無料SSL付き

オフショアサーバーを探す!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました