BitcoinWebHostingの評価(レビュー)

海外サーバー

 

このページでは海外サーバーBitcoinWebHostingの評価(レビュー)、メリット・デメリットを詳しく案内していきます。

BitcoinWebHostingの評価

BitcoinWebHostingのレンタルサーバーはアメリカ、ヨーロッパ、アジアから選べます。

名前の通りBitcoinでの支払いを受け付けているホスティングサービスです。

Bitcoin Shared Hosting
StarterStandardProfessionalBusiness
値段

(カッコ内は月換算)

$18/3ヶ月($6.00/月)

$72/年($6.00/月)

$216/3年($6.00/月)

$29.85/3ヶ月($9.95/月)

$72/年($10.16/月)

$283.93/3年($7.89/月)

$38.85/3ヶ月($12.95/月)

$139.86/年($11.66/月)

$372.96/3年($10.36/月)

$24.95/月

$296.46/年($22.46/月)

$718.56/3年($19.96/月)

SSD10GB25GB50GB100GB
転送量1TB1TB無制限無制限
サイト数3無制限無制限無制限
無料ドメイン

(.com, .net, .org1年以上契約)

無料ドメイン

(.com, .net, .org1年以上契約)

無料ドメイン

(.com, .net, .org3ヶ月以上契約)

※Professional以下は3ヶ月払いから

共通

・45日返金保証
・無料SSL
・専用 IP
・cPanel
・シンガポール、ヨーロッパ+$5.00/月(DMCA / PRISM / Patriot act SAFE)

全プラン詳細はこちら

メリット・デメリット

メリット

・サーバーに高速なLitespeed採用
・仮想通貨(BTC、ETH、LTC)での支払いに対応
・アジア(シンガポール)のデータセンターを選べる
・ヨーロッパはDMCA FREE
・アダルト可
・全プランcPanel採用
・SSL無料
・45日の返金保証

デメリット

・シンガポール、ヨーロッパは追加料金+$5が必要
・支払いは仮想通貨のみ
・情報が少ない
・サーバーが不安定

総評、利用しての感想

Bitcoinでの支払いを受け付けているホスティングサービスとして調べました。

仮想通貨のみで支払いを受け付けています。あまり知られていないので情報が少なく、ちょっと登録するのが怖いかもしれません。

こちらのテストでは頻繁に接続不可の状況になり、値段も特に安くはないので正直利用するメリットが見つかりません。

下はUptimeRobotでHTTPアクセスを監視した結果

bitcoinwebhosting-uptime

一日の間に5回接続不可になっています。

Bitcoinでの支払いを受け付けているレンタルサーバーとしては安定しているHostwindsHostingerがおすすめです。

ヨーロッパのデータセンターは+$5必要でDMCA / PRISM / Patriot act SAFEになるようですが、DMCAを回避する用途であれば防弾ホスティング、オフショアホスティングを利用したほうがいいと思います。BTCでの支払いも可能。

オフショアレンタルサーバー、防弾ホスティングおすすめ7選を比較!!

海外サーバー
オフショア太郎をフォローする
おすすめオフショアサーバーランキング
Flaunt7

コスパ、高スペックならここ!
◎多くのサイトで上位評価されている
◎高スペックを低価格で提供していてコスパが良い
◎レンタルサーバーでのスペックの上限が高い
◎高速なLitespeedを採用
◎無料SSL付き

KoDDoS

安定性、レスポンスならここ!
◎データセンターはオランダと香港から選べる
◎2012年から運営されていてオフショアサーバーとしては定評がある
◎高速なLitespeed採用
◎無料SSL
◎専用IP付き

Shinjiru

◎データセンターがマレーシア等8箇所から選べる
◎2000年から運営されていてオフショアサーバーとしては定評があり、企業としての信頼性は高い
◎「STRONGBOLT」はアンチDDOS、IP秘匿、サーバー自動移行などが料金に含まれている
◎無料SSL付き

オフショアサーバーを探す!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました